思わぬ遭遇・・・

投稿日:2020-01-08 更新日:

今日は、ブルーベリー 観光農園とは他の畑にある梅の樹の剪定作業。この梅の樹からとれた果実を梅干しにしてブルーベリー観光農園開催期間中や葛飾元気野菜直売所等で販売しています。品種は南高梅と白加賀梅。良質な果実を取れるようにする為に、樹の形を整えてあげる作業です。樹は自分が伸ばしたい方向に向かって枝を伸ばしていきます。

このままでは梅雨の収穫期には葉が生茂り過ぎ、風通し日当たりが悪くなり害虫の発生や病気の発生する率が上がってしまいます。それを防ぎ果実のサイズを調整する為に剪定作業を行います。剪定後はこんな感じ。

育ててあげたい枝を残しこれから伸びる方向を強制的に決めてあげる感じ。しかし相手は人間の手を加えた不自然な自然の生き物、ある程度の知識、マニュアル、理屈を駆使しても人間の思うようにはなかなか行ってくれないのだと思います。しかも剪定の結果が出るのは果実が実ってみないとわからない、残した枝が数年越しに太い枝になり果実をつける枝になってくれるかは時が立ってみないとわかりません。剪定作業中は樹の未来を創造しながらの作業・・・音楽をかけながらノリノリで作業をしていると何か気配が・・・

タヌキ・・・一瞬ハクビシンかと思いましたが、タヌキでした。野鳥保護区のある水元公園に隣接している畑なので、そこから遊びに来たのかな・・・あまり元気が無さそう❔病気なのかな元気になってくれると良いけど・・・そもそもそういうものなのかな・・・小学生の頃に水元公園にタヌキいるよーと父親から言われた記憶はあったのですが、思わぬの遭遇・・・剪定作業中の癒しになりました。11月から3月頃まで梅・柿・すもも・プラム・ソルダム・イチジク・キウイフルーツと色々な果樹の剪定作業が続く・・・収穫への道のりは長い・・・

-剪定, 果樹, , 農業日誌

Copyright© ブルーベリー柴田観光農園【シバブル】のホームページ , 2020 All Rights Reserved.