柴田観光農園とは?

東京23区内最大規模の水郷公園である水元公園のすぐ近く、閑静な住宅街の一画に葛飾区の産学公連携事業の一環として、千葉大学園芸学部とJA東京スマイル葛飾営農研究会との連携によりブルーベリーの栽培を始めました。
平成18年に苗木の定植をし、一定の収穫量を見込めるようになった平成21年より一般開園を開始しました。都市部においての観光農園という新しい農業形態や高い栄養価を持つブルーベリーに注目が集まり、収穫期には老若男女問わず多くのお客様で賑わいを見せております。園内には約13品種150本のブルーベリーがあり、観光農園ならではの市場には出回りにくい品種や樹上で完熟した甘ぁいブルベーリーを楽しめます。

また開園中は園内にて新鮮な季節野菜・果実も販売しています。

例年7月上旬から8月末の土日のみの開園を予定しておりますので東京都葛飾産のブルーベリーをぜひ摘み取りにお越しください。

 

投稿日:2020-01-05 更新日:

Copyright© ブルーベリー柴田観光農園【シバブル】のホームページ , 2020 All Rights Reserved.